レーザ加工生産システム

レーザクリーニング

レーザクリーニングでは、金属母材にダメージを与えることなく表面の汚れや油分を正確に高速除去することが可能です。

レーザクリーニングとは、レーザ光を照射することにより、固体表面に付着した汚れや油分を除去するプロセスです。

レーザクリーニングの原理についてですが、低出力のレーザでは、熱により照射対象箇所を蒸発させています。高出力のレーザでは、固体材料にレーザを照射してプラズマに変化させ、パルスアブレーションにより表面の汚れを昇華させて除去させています。

レーザクリーニングは残留物質、あるいは酸化物質の除去に高い効果を示し、出力の変更を正確かつ容易に調整できるため、今まで他の方法では対処できなかったクリーニングを可能にしております。

ピンポイントで正確にクリーニングできるため、レーザ溶接前の不純物除去に適しています。

ジェネシス ジャパンでは、レーザ溶接前の不純物除去工程において、お客様のニーズに合わせて、レーザクリーニングシステムを提案させていただいております。

PAGETOP